法定内残業の取り扱い ~残業代請求

今回は,
未払い残業代請求の際に問題となる,
法定内残業の割増賃金の取扱い
についてご説明致します。

会社は,その労働契約,就業規則等の中で,
会社が定める労働時間,
つまり,始業時間から就業時間までの時間から休憩時間を除いた時間,
を定めることが可能です。
この時間を,所定労働時間といいます。

所定労働時間につき,
8時間で設定している会社が多い中で,
7時間や,7.5時間と設定している会社も散見されます。

このような場合には,
所定労働時間を超え,法定労働時間内の労働をする,
法定内残業(所定外労働)が発生する可能性があります。

例えば,
所定労働時間が,
始業時間:9時,就業時間17時,休憩1時間=7時間
の会社において,
20時まで残業した場合,
17時から18時までの1時間が法定内残業で,
18時から20時までの2時間が法定外残業ということになります。

この場合,18時から20時までの法定外残業については,
通常どおり,基礎時給の1.25倍の割増賃金が支払われますが,
17時から18時までの1時間分の賃金はどのようになるのでしょうか。

法定内残業分の賃金の支払いに関しては,
就業規則,賃金規程等の規定に特別の規定がない限り,
基礎時給の1.0倍を支払うという処理になると考えられます。

つまり,上記例の場合,
17時から18時までの法定内残業分として基礎時給の1.0倍,
18時から20時までの法定内残業分として基礎時給の1.25倍,
を払わなければならないということになります。

伊倉 吉宣
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
伊倉総合法律事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目7番5号 虎ノ門Roots21ビル9階
TEL:03-6432-4940
FAX:03-6432-4950
E-mail:ikura@ikura-law.jp
URL:http://www.ikura-law.jp/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>